稼ぎ方

ブランディングをせよ!これから生き残るために絶対に欠かせない戦略とは

私は6年ほどこの業界にいますが、6年前よりも確実にセラピストさんのレベルが上がっているなと業界全体を見ていて思います。

レベルとはそれはもちろんビジュアルを含め技術、おもてなしや全てのサービス内容についてのレベルです。

私が業界に入ったころには数件しかなかったメンエスも今では数百件に増えています。

レベルの高いセラピストさんがたくさんいる中で、どうやって生き残って稼いでいくか。

しっかり戦略を立てないと業界から消えていくことになるでしょう。

ユーザーはお店を選ばない

ひと昔前では、ユーザーさんは「お店」を選んでいたと思うんですよ。

例えば、気に入ったお店があったらそこに通うという感じ。

でも今は、どのお店に所属している関係なく「セラピストさん」を選んで通っていると思います。

この違い、分かります??

つまり今までは有名店や人気店にいれば黙っていてもお客様は付いたけれど、これからはお店関係なく個人の戦いとなるのです。

SNSの発達によってユーザー側の選択方法も変わってきたと感じています。

選んでもらうセラピストになるにはどうすればいいのか?

そこで重要なのが「ブランディング」です。

ブランディングとは?

売れているセラピストさんに共通していることはなんでしょう?

一言で言うと「売り出しかたがうまい!!」これです。

どんな商品もまずは手に取ってもらえないとリピートされませんよね。

まず手に取ってもらうことが大事です。

そこで先ほど言った「ブランディング」です。

ブランディングとは一言で言うと「あなたを選ぶべき理由と価値があること」です。

山ほどいるセラピストさん中であなたを選ぶ理由、動機付けとなるのが「ブランディング」です。

売れているセラピストさんは意識しているしていない関係なくきちんとブランディングができています。

好きな化粧品ブランドの新商品が出たらとりあえず買ってみますよね。これが「ブランディング」です。

ブランディングにおいて重要なのは「権威性」

少し難しい話ですが、ブランディングにおいて重要なのは「権威性」です。

例えば分かりやすい例は「数字」。

例えば「本指名率〇%」や「リピート率〇%」など。

数字ほど人を納得させるものはありません。

「めっちゃ売れてます!」

と言われるよりも

本指名率80%超え、リピート率90%以上!

とい言われた方が説得力があるしすごみがありますよね。

メンエスで権威性があると言えば「資格」もそうですね。

マッサージの国家資格、ロミロミの資格、ドライヘッドマッサージの資格、ハグヒーリングの資格など。

有資格と言うだけで「おっ?」となります。

もともとマッサージが好きなユーザーさんはマッサージの腕も重要視されるので、資格はかなり有利です。

そしてぶっちゃけ資格がある方が優良なユーザーさんを掴みやすいです(笑)

ただ、やみくもに資格を取るのをおすすめはしないです。

時間もお金も労力も限られているので、「自分はこれをアピールしたい」という箇所に力を注ぎましょう。

「権威性」を掲げるために必要なこと

しかしこの数字を掲げるためには「実績」が必要です。

まずはコツコツ目の前の仕事をこなしていって実績を積み上げること。

積み上げた実績はアピールしなくては勿体ないです。

すでに何らかの実績がある人はどんどんアピールしましょう!

例えば「セラピスト歴6年」、これも実績です。

反対に、「業界未経験」、これも魅力的なセールスポイントになります。

考え方、言い回し次第でどんな実績もアピールポイントになります

自分の実績はなにか?

一度考えてみて下さい。

見つかったら、魅力的な言い回しでどんどんアピールしていきましょう。

ブランディングのメリット

・どんどん予約が入る
・予約が詰まることで予約困難なセラピストだと思われ価値が上がる
・予約困難だと思われることによって先の予約が入るようになる

これは実際に私がブランディングを意識し始めてからなんですが、どんどん予約が入るようになり、

「閑散期?なにそれ」の無双状態でした。

出勤予定を上げればすぐに予約で完売。

そんな状態になるので、「予約困難なセラピストなんだ」と認識され、またどんどん予約が入るという正のループ。

ブランディングがしっかりできれば待機?ナニソレ状態です。

そしてブランディングの最大のメリットなんですが、「店に属さず働く」という自由な選択肢が増えることです。

しっかりブランディングができれば個人で独立もできる。

個人で子お店をやるのは大変ですが売上がそのままお給料になるので大きく稼げます。

また、顧客の管理を自分で出来るというメリットもあります。

ブランディングのデメリット

・ない

ブランディングのデメリットってなんかあるかな?って考えてみたけど思いつかないですw

強いて言えばユーザーさんの期待値が上がるぐらい?

まとめ

まとめ

・ブランディングはメリットしかない
・ブランディングには数字や資格、経歴などの権威性が威力を発揮する
・ブランディングすることによって人気セラピストになり、どの店に行っても稼げるようになる